理想の顔になる方法

注射器

目の美容手術には主に二つの方法があります

奥二重や一重など目のコンプレックスで悩んでいる人は、二重にするための整形手術を受けてみるのがおすすめです。美容整形外科で簡単に行うことが出来、メイクと違って一度手術を受ければ効果は半永久的に持続するため、長い目で見ると費用もそこまで高いというものではありません。整形手術を行うためには、まずクリニック探しから始めます。二重の手術は整形方法の中でも最も人気が高くポピュラーなものですので、ほとんどの美容クリニックにて取り扱っています。ホームページなどを参考に、気になるクリニックを見つけたらカウンセリング予約を行います。カウンセリングにて、納得が行く説明を受けることが出来たら、手術予約を入れて実際に手術を行っていきます。手術方法は様々ですが、最も人気が高く費用も安いのが、埋没法という方法です。埋没法では、メスを使いません。医療用の細い糸を使用し、皮膚に皮膚を埋もれさせるようにして、自然なラインを作っていきます。そのため術後のダウンタイムの痛みや腫れも少なく、また仕上がりも不自然に見えないなどのメリットが多くあります。費用も10万円前後と安くなっています。なるべく周囲に整形がばれたくない、ハッキリした二重より、自然なうっすらラインがほしい、という人にも向いています。効果は半永久的ですが、術後生活していく中で、糸が取れてしまうということもあります。その場合は再手術の必要がありますが、手術を受ける前に、糸が取れてしまった場合の保障などの内容もチェックしておくと良いでしょう。

埋没法とは対照的な方法が切開法です。切開法では、メスを使い直接皮膚にラインを入れていきます。費用は20万円程度で、埋没法より相場は高くなっています。ただし、糸が取れるというような心配もないので、一度手術を行えば効果は永久に持続します。逆に言うとやり直しが効かない方法のため、カウンセリングでの相談は念入りに行うようにしましょう。また、二重を作り出すほか、目の下やまぶたの余分な脂肪を切除してもらうことも可能です。そのため、重たい印象の目もスッキリとさせることが出来ます。腫れぼったい目に悩んでいる人、ハッキリした目にしたい、というような人に向いています。またどのような方法に置いても、術後のダウンタイムは医師に言われたことをしっかり守って過ごすことが大切です。メイクや洗顔、コンタクトの使用などは、禁止されている期間は絶対に使用しないようにしましょう。術後は患部の抵抗力が弱まっている状態にあるので、メイクの粉や洗顔フォームなどが入り込んでしまうと、感染症を引き起こしてしまう恐れがあります。また、とくに切開法の場合、痛みやかゆみが強く出てしまうことがあります。なるべく触らずに我慢するのが正しい対応法ですが、我慢できないほどの場合は、清潔にした氷のうを当てるなどで対応しましょう。また、担当してくれた医師にすぐに連絡し指示を仰ぐというのも良いでしょう。ダウンタイムのルールを守ることで、より自然で美しい仕上がりにすることが出来ます。二重の整形手術は、難しいものではありません。費用の面とも相談しながら、自分に合う整形方法を見つけ、納得のいく手術をしてもらいましょう。

Copyright© 2020 どれぐらいの金額になるかや選び方がわかる All Rights Reserved.